バンクイックの審査通るために大事なことは

バンクイックの審査に通りやすい属性

バンクイックの審査の大きなポイントである属性とは、その人の年齢、職業、収入、勤務先、家族構成などの情報を指しています。審査の際に、これらの情報がすべてスコアリングされて、お金を貸すのか、貸さないのか、いくらまでなら貸せるのかという判断がされることになります。審査に通りやすい属性は、年齢なら30~40代がベスト。社会人になったばかりの20代前半や60歳を超えた老年に当たる人は評価が低くなります。

また、収入は多く、勤続年数が長い方が当然有利です。雇用形態は公務員が最も良く、大企業、中小企業、自営業と続き、アルバイトやパートでも定収入があれば審査は通りますが、借りられる金額は低くなります。家族構成や居住形態は、家族と同居している方が借金を踏み倒して逃げる可能性も低いため、評価が高く、独身1人暮らしが最も低い属性です。属性で全てが決まるわけではありませんが、審査に通らなかったり、思ったよりも借りられる金額が低い人は、自分の属性について見直してみるとその理由がはっきりする可能性があります。

総量規制外のカードローンについて

今回は三菱東京UFJ銀行のカードローン・バンクイックについて、記して見たいと思います。「バンクイック」は、三菱東京UFJ銀行のローンという信頼性と安心感、迅速な審査キャッシング、低金利などのさまざまなメリットがあり、高い人気で多くの人に利用されているカードローンです。「バンクイック」には数多くのメリットがありますが、中でも特徴的なのが、「総量規制対象外」のローンであるということです。

総量規制とは、貸金業法において定められている規制で、「個人の借入総額が、原則年収の三分の一までに制限される仕組み」のことです。総量規制により、クレジットカードによる無担保のキャッシングや、消費者金融会社からの借り入れに制限が加えられ、年収の低い人ほど、融資が受けにくい状況になりました。しかし、三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」は、総量規制対象外のカードローンなので、学生や主婦、アルバイトの方でも気軽に融資を受けることが可能です。

貸金業者からお金を借りるときは、総量規制で年収の3分の1までしか借りられないと制限されています。これは1社だけじゃなく複数社併せて年収の3分の1までなので注意が必要です。そんな総量規制を気にせずにお金が借りられるのが三菱東京UFJ銀行バンクイックです。総量規制外のカードローンなので年収や借入額を気にすることは無いです。なぜ総量規制外なのかその理由は銀行だからです。総量規制は貸金業者が対象で銀行は対象外です。収入の無い専業主婦でもご利用限度額が低いもののお金を借りることが可能です。その代わりに配偶者に安定した収入があることが条件です。

私がオススメのカードローン

困った時に役に立つカードローン。カードローンにも色々な種類があり、どれにすれば良いのか迷ってしまいます。そんな時、「三菱東京UFJ銀行バンクイック」なら急な出費の時に即日に借りることも可能。ATMに設置のテレビ窓口なら、24時間いつでも申し込みができ最短40分で利用可能だから、日中仕事をしていて時間がない方にも使いやすいのが魅力です。ホームページでは気になる返済シミュレーションができるので、借りる前に完済までの期間もわかり、計画的にお金を借りることができます。それに何と言っても三菱東京UFJ銀行バンクイックは三菱東京UFJ銀行発行のカードローンなので、気分的に安心なのも良いですよね。このようにカードローンは、1枚持っているといざと言う時に役に立つ、便利なカードなのです。

総量規制は年収の3分の1以上の借入を禁じた法律で、消費者金融やクレジットカードのショッピング枠が対象です。しかし、新たに借入できないことはありません。実は銀行系カードローンは総量規制の対象外で、今回は特にじぶん銀行じぶんローンについて解説していきます。じぶん銀行じぶんローンの名称を知らない人は少なくありませんが、三菱東京UFJ銀行とKDDIの共同出資してできました。じぶん銀行口座を持つ人はインターネット契約で即日融資が可能ですし、口座所持者は本人確認の書類が不要ですのでスムーズに借入することができます。是非、口座所持者は借入を検討してみてはいかがでしょうか。

三菱東京UFJ銀行の普通預金の口座が給与の講座にもなっているので、口座には常に一定額のお金を確保できる様にしているので、毎月の一万円の自動引き落とし返済額には殆ど気を遣わなくても大丈夫です。カードローンを利用するのなら、やはりメインバンクに限るとお勧めします。それに、やはり消費者金融のキャッシングよりも金利は低いので、安心して利用しました。

その後、最初の30万円の借金を完済する前に、ある程度の利用枠ができる事で、更に、借り続けました。そのため、いつまで経っても完済できずにアッと言う間に数年が過ぎました。すると40代になった頃、利用枠が50万円に増えていました。お金に困っていた私はこれ幸いに思い、また借りていました。そして50代になると利用枠は100万円に増えましたので、またまた限度額いっぱいまで借りてしまいました。そんな私も今、60歳定年を数年後カウントダウン、ようやく長かった借金生活に終止符を打つ目途が付いたようです。

キャッシング会社の選び方

アイフル審査などのキャッシング会社は何が良い、悪いというのは一概にいえないところがあります。というのは、審査が厳しいところといえばやりにくさを感じますが、その分シビアに審査が行われますので、結果的には自分の生活に支障が出るほどの過度な借り入れを行ってしまうことを未然に防いだり、歯止めになるという側面もあるからです。 逆に、手軽に借りれるのはもちろんメリットで、いい風にとらえがちですが、反面、気がつけば借りすぎてしまい返済に苦労する、という側面もあるからです。 はじめてキャッシングされる方にオススメなのは、多少審査は厳しいくらいのところです。いわゆる銀行カードローンなどです。本当に急いでいて、どうしても今日中に、などという場合は、審査が早いところを選ぶしか方法がありませんが、そうでなければ、キャッシングの利用は、計画的に慎重にしたほうが良いからです。 銀行カードローンのほうが審査が厳しいと言われていますし、そうしたところからチャレンジするのが、心理的な面からも負担が少ないでしょう。 そのほか、「利用のしやすさ」よりも「返済のしやすさ」や「返済を忘れにくいような仕組みがあるか」などもチェックしておきたいポイント。 自動引き落としなどで万が一の忘れも未然に防げると便利ですよね。 キャッシングを健全に利用するには、一番大事なのは「返し忘れがなく」コツコツと確実に返済することです。以上の点を踏まえて、キャッシング会社選びをしてみてください。

キャッシングの良くない側面

とても便利でいざというときに頼りになるキャッシングですが、銀行カードローンなどとと比較すると、キャッシングの方が金利が高いコトはマイナスです。 住宅ローンの平均の金利が年2.00%ですが、キャッシングは、消費者金融だと、ほぼ18%、銀行だと、14%と便利で自由な面もありますがその分、金利が高いというデメリットもあります。 つまり、キャッシングというものは長期的に、利用するものではなく、短期間でお金が必要、という時の人のためのサービスという位置づけになってきます。 150万円の車をマイカーローンで購入しました。といえばまあ普通の話ですが、150万円の車をキャッシングで購入しました。といってる人が居たら、「おいおい、頭大丈夫?」とまで言われてしまうレベルです。 つまり、こういう使い方は適切ではなく、一時的に誰かに借りたりして立て替えてもらうためのお金を、気兼ねなく、ビジネスライクにお金を借りるコトが出来るサービスという認識が適切です。

簡易審査でうまくいっても借り入れができない場合も

簡易審査は、あくまでも仮の審査ですし、信用情報を仮想した上で審査していますので、実際の審査結果と違ってくるケースもあります。 例えば、安定した収入があったとしても、その収入証明書を提出するコトができない人。 ブラックな会社に勤めている人や、日雇い労働者、ホスト、ホステス、風俗など、収入を確認できないような職種の人は借り入れをしづらいのが現状です。 収入がきちんと証明できないのがその理由です。もちろん、大手になるとキチンと運営されているところもあるようですが、未だに税金などをごまかしている会社もあるようです。 会社が、雇用契約及び福利厚生、所得税などを整備していないため、収入証明書がもらえなかったりする場合は、収入の照明ができませんのでキャッシングしたくても問題外で審査の対象にすらなりません。

以前キャッシグ経験がある人

勤続年数が長く、安定した収入があっても、以前キャッシングで、延滞をしていた人なども要注意です。 この長期的というのは、約2か月程度以上、返済を遅らせた人のコトをいいます。 こういった人は、大手消費者金融も審査で間違いなく通らないと思っておいて間違いありません。 現在、他社からの借入を踏み倒している人や、返済をしていない人も、借り入れは一切できませんし、キャッシングどころかクレジットカードすらも一生作るコトは出来ません。